家族のための信託

信託

信託

信託を利用することで、高齢者のためにより柔軟な財産管理ができるようになりました。
成年後見では、被後見人の財産を管理し守る事が主目的であり、財産の積極的活用はできませんが、信託では契約に基づきアパート経営など積極的活用が可能です。また成年後見は本人の死亡により終了しますが、信託では本人の死亡後も家族のために財産管理を継続することもできます。

信託の一例

トップに戻る