相続手続き

相続手続き

相続とは

人の死亡によって開始され、亡くなった方の財産、債務等について一定の相続人が受け継ぐ事です。

相続の種類

①遺言書による相続

遺言書がある場合は、遺言書で指定されたとおりに遺産を分割します。
遺言執行者が指定されている場合は、遺言執行者が遺言書に基づき預貯金や不動産の名義変更手続などを行ないます。

< 誰が遺言執行者になるか >

遺言執行者は、遺言で指定することができます。また相続の開始後には、家庭裁判所に申し立てて遺言執行者を選任する事ができます。

②遺産分割

遺言書がない場合、または遺言書が無効である場合には相続人全員で遺産分割協議を行なう必要があります。全員の合意に基づいて、誰がどの遺産を相続するかを決めます。
遺産分割協議はもめてしまう事も非常に多く、相続手続きが滞ってしまうことになります。

③調停、審判による相続

遺言書がなく、遺産分割協議もまとまらない場合には家庭裁判所にて調停による遺産分割を行なうことになります。調停もまとまらない場合には審判による遺産分割となります。

④法定相続

民法で定められた遺産分割の割合で相続することです。

トップに戻る